2005年 07月 20日
(更)Grumpy Old・・・
どうも。きむらです。
ここ数週間きむらが楽しんで見ていた「Grumpy Old Women」という番組が夕べ終わってしまいました。
これはBBC放送製作のドキュメンタリーで、少し前にはこれの姉妹(?)編に当たる「Grumpy Old Men」もやってました。

この「Grumpy(不機嫌な)」シリーズ、どんな内容かというと、英国の著名な中高年がテレビカメラに向かってあらゆることについて文句を言いまくるという、タイトルそのまんまの分かりやすい番組であります。「〜Men」のほうにはボブ・ゲルドフ、「〜Women」にはジャーマイン・グリーア(Germaine Greer、豪出身の女性学の権威)などが出ていて、それだけでも目を引きましたが、何が面白かったかというと、結構みんな普通のことに腹を立ててたことです。

「身障者じゃなくて、赤ん坊も連れてないっていうだけで、どうして駐車場の果てのはてに車を止めなきゃならないのっ!」
「若者の、あのフード付きの服が気に入らないわっ! あれはファッションじゃなくて、防犯カメラに顔が映らないようにするためじゃないっ! 法律を改正してフードというフード、全部ぶった切ってやりたいわっ!」
「中年はいつも家にいなきゃいけないの? アタシは外で飲むのが好きなのっ。年、取ったからって、急にお誘いがなくなるって、一体どういうこと〜っ!?」


みんないろんなことに怒ってます。怒りモード全開です。

見ているきむらも「そうだ〜っ!」と同感したり『ある日、アゴが何だかチクチクして。・・・ヒゲが生えてきてたの』と言っているのを聞くと「ひえ〜っ(驚)」と自分も生えていないか、バスルームに顔を見に行ったりしてしまいました。この番組は「中年」「老い」という、普遍的なテーマを扱っているので、共感を持ちつつ見ることができたのでしょう。そして、世界中の中年及び中年予備軍にとって身近な問題ですから、イギリスだけでなく他の国で作っても、きっと面白いものができるのはないかと思いました。

さて、きむらはこの番組に出てくる人たちと同じように中年なんでしょうか。
自分としては、片足半分といったところで、まだその域まで達してないつもりではあるんですけど、こればっかりはよく分かりませんね〜。自覚と他人から見た目が激しく違うということもありそうですし(笑)
でも、こう考えてひとつ気がついたことがあるんですが、きむらはここ数年のうちに頻繁に「あの子」という言葉を使うようになったと思います。
「あの人」じゃなくて「あの子」ですね。

きむら子供ができ、何かと子供たちが周りにいる環境にいることも理由のひとつでしょうが、デパートの店員やカフェのウェイトレスなど、普通にいろんなところで会う人たちが見るからに自分より下の年齢になってきていることが最も大きな理由としてあげられると思います。
例えば、昔、高校野球の選手たちはきむらにとってすごく大人の存在でしたが、今は選手たちではなく、親の年齢に近い歳になっています。そして他のどんなスポーツの選手もほとんどがきむらより年下です。逆に「きむらの歳で現役でいられるスポーツって何だろ〜」と考え込んでしまうくらいです。

TVや映画でも、きむらが憧れていた俳優がいつの間にか祖父母役だったり、きむらが若かったころアイドルだった人たちがお父さんやお母さんを演ってたりします。
これも時の流れを感じさせますね。
ま、例外もたまにはいますが。
ゴールディ・ホーン 今年60歳。

すげ〜!

しかし、いくら努力しても誰もがゴールディ・ホーンでいられるわけではないです。
どこか、ある程度のところで「老い」と折り合いをつけていかないとやっていけません。
そして「老い」から派生すると言われる「怒り」とも。

「Grumpyシリーズ」に出ていたみなさん、怒りにおこりまくり、時には放送禁止用語隠しの「ピー」のオンパレードだったりしますが、怒った最後に「ふふっ」と笑ったりして、どこか憎めないんですよね。怒りに余裕がある、というか。大学教授のジャーマイン・グリーアが家の工事に来た作業員相手に「オバちゃんと呼ぶなぁ〜!」などと怒るなんて、逆にほほえましかったりしますし、サー・ボブ・ゲルドフにしても、ライブ8のような立派な業績をあげる一方で、つまらないことにブーブー文句タレているのを見ると「しょうもない文句ジジイやなぁ」とあきれつつ、逆にその人間くささを魅力に感じもします。そして、こういう人たちと「世間」を肴にドッカンドッカン怒ったりバカ笑いしながらご飯でも食べたらきっと楽しいだろうな〜、なんて思いました。

スクールホリデーも終わり、またいつものようにきむら子供相手に朝っぱらから大噴火する毎日に戻りましたが、きむらも夕べのTVで見たみなさんのように「くぉのおおおおお〜っ!」と怒りながらも「・・・しょうがないな〜(ふふっ)」と笑いで締められる、余裕のある中年を目指したいと思います。

ま、ゴールディ・ホーンを目指すよりは現実的かな?(ボソッ)


(蛇足)7月22日(金)
今日も rage のプレイリストをチェックしてみました。

お〜っ!

明日(7月23日(土))は、なななななんと、UK Bands & Artists special ではありませんかっ!!

これは、もう、録画もんですよ、ハイッ。

あ、そうそう。
きむらのぼんくらコンピューターではダメですが、rage のサイトでPVも観られますよ♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-07-20 22:39 | その他もろもろ


<< (更)ギグに行ったのですよ      第12章(2)抄 >>