2005年 06月 06日
(更)太陽に吠えた
どうも。きむらです。
目がしょぼついています。

夜行性なので、夜の1時2時ごろまで徘徊するのが常のきむらにとって、早起きはキツいです。しかし、今朝は6時に起きました。
なぜかというと、きむら子供のお稽古事の試験がありまして、試験開始は9時なのに「1時間前には会場入りするように」とのお達しがあったからです。

これだけ噴火山のように毎日どっかんどっかん怒りっぱなしなんで、今は違うと思いますが、昔のきむらはこれでも低血圧でして、90/58mgなんて数値が出て、本人より周囲が、
「ウッソ〜。痩せてなくても低血圧ってあるんだ〜! きむらって、立ちくらみとか貧血とか起こしたことないじゃ〜ん! 血だってすんごく濃いんだよね? それなのに、低血圧!? 信じられな〜い」
と、はなはだ腹の立つ驚き方をしてたくらいです。

ま、低血圧は過去のことですが、朝起きられないという生活習慣はしっかり残っています。悪いことに、少しでもベッドでうだうだしたいがために、半覚醒状態でもりっぱに言い訳をしてしまいます。
「あ〜、起こしてくれてありがとね〜。ほんっとーに助かっちゃうな〜。うん、今、ちょっと体、伸ばしてるところ。すぐ、起きるから・・・」
で、1分後には爆睡してます。

ですから。
今日の試験の最大の難関が他の何よりも「きむらが早起きすること」でした。
・・・情けないです(恥)
しかし、前夜から、まるで遠足のようにきむら子供ときむらのバッグを詰めて、着替えも全部そろえておいたので、親子ともども寝ぼけた状態でも準備することができ、予定どおり家を出ることができました。

ですが。
やっぱり、電車が当てになりませんで。
朝の通勤時間だというのに、電光掲示板の「あと○分」の表示はほぼ20秒おきぐらいに
「あと6分」と「あと7分」を行ったり来たりします。そしてそわそわ見ていると、数分後にいきなり「あと3分」にジャンプしたり。

もしかして、この表示って「手動」で操作してるんですかっ!?

もちろん、電車が遅れるなんてのは日常茶飯事ですから、お詫びのアナウンスなんてありませんし、待ってる人も焦らず「ほわ〜」とベンチに座っています。
焦るのは試験を控えたきむら親子のみ。

結局。
なんとか滑り込みで会場に到着したんですけど。
なんと、他に来ていたのは一人だけ。
後のみなさんは、試験の30分前ぐらいにトコトコやってきました。

何なんですかっ「1時間前には会場入りするように」というルールはっ。
それとも。
みなさん時間にルーズだから、遅れてくることを見越して「1時間前」になってるんでしょうか(怒)

・・・・・。
きむら子供の試験は無事に終わりましたが、その後、学校に連れていったりして、忙しかったです。
試験の間はあいだで、他のお母さまと一緒にいて、精神的に参りましたし。
(ただ、他のお母さまが「おたくのお子さん、その後バイオリンのレッスンはいかが〜?」とか「他にもいろいろ習い事が多くて大変ですのよ。おっほっほっほっほ〜♡」というのを聞いているんですけど、きむら、一緒にいるだけでもすごーく違和感があって。「掃きだめにツル」ならぬ「ツルだらけに掃きだめ」みたいな気分を味わいます。そして、ツルの中に一人、日本人のお母さまがいるんですけど、どうも、その方にも「同じ日本人として恥ずかしゅうございますわっ(怒)」みたいに思われているみたいで、ロクに話しかけてもらえません(ショボ〜ン))

・・・・・。
失礼しました。つい、愚痴を吠えまくってしまいまして(汗)

ま、今回のことでひとつ分かったのは。
「試験って、子供のとき大嫌いだったけど、大人になっても、付き添いで行くだけでもやっぱり嫌なもんだな〜」
ということです。

でも。
終わったから、もう、いいや〜♪
親子ともども、はじけさせてもらいますっ!

(蛇足)6月8日(水)暖かくて、いい天気でした♡
実は、月曜日の夕方に、小説の18章が書き終わったのです〜♪
もう、うれしくて、うれしくて。
まさか、こんなに長い時間かかるとは思いませんでした。
この章、6か月も延々書いてたんですよ〜(涙)
A4で47枚になりました。
原稿用紙に換算すると、A4の紙1枚=原稿用紙3枚となりまして、
なーんと、141枚!
・・・・・。
小説ならぬ「電話帳」を書いているような気がしてきました(汗)
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-06-06 14:00 | その他もろもろ


<< (更×4)教科書の思い出/De...      見切り発車 >>