2005年 04月 19日
Eye Candy
どうも。きむらです。
スクールホリデー第2週です。

あと、1週間持ちこたえれば、学校が始まります。
始まってくれます。
あと、1週間っ、1週間の辛抱っ。

ふぁいとぉ〜

こちらはスクールホリデー中にいろいろなプログラムがありまして、小学校以上の子供の多くがそれを利用しています。
例えば、きむら子供の場合は、先週はお稽古事の集中講座のために行けませんでしたが、今週から5日間の予定でテニスキャンプなるものに行っています。
ま、キャンプといっても宿泊はせず、3時過ぎには指定の場所にバスで戻ってきます。きむら子供が行っているコースは午前中はテニス、午後はアイススケートがセットになっており、なかなか楽しそうです。子供じゃなくて、自分が行きたいくらい(笑)
他にも一日中テニス、テニス&水泳などがあるので、親は子供の適正を考えて選ぶことができます。

きむら子供は去年まで公営のバケーション・ケアなるスクールホリデー期間用の託児所に行っていたのですが、安くて運営時間が長いのはいいものの、やはり公営だけに、設備やサービスは最小限、しかも「昨日、子供の頭からシラミが発見されましたので、ご注意下さい」などといった張り紙があったりして、なかなか安心して預けてられませんでした。
(あ、もちろんシラミはどこでも発生しますし、現にきむら子供も学校でもらってきたことがあります。しかし、バケーション・ケアの場合は不特定の子供が不定期に利用しているので、こういった連絡がうまく伝わらず、学校よりシラミの根絶が難しいです)

で。
今年はうまくきむらのスケジュールが合ったので、テニスキャンプを利用することにしたのですが、やはりどのプログラムにも問題はあります。

子供たちの送迎にはテニススクールの小型バスが使われているんですけど。
それが、時間どおりに来ない。
遅ければ、おそいできむらの仕事に影響してくるからマズいんですけど、

このバスの場合は予定時間より早く来ちゃうんです。

そして、子供が何人待っていようと、いなかろうと、そこに居合わせた子供を乗せたら出発時間まで止まって待たず、さっさと行ってしまいます。

時間にルーズで、学校のチャイムを聞きながら通学路を全力疾走するのが日常のきむら親子にとって、こういうのは非常にヤバい事態です。

おかげで、前日(日曜)なんて、心配でほとんど寝られませんでしたよ(ま、仕事が残ってた、という理由もあるんですけどっ(笑))

そして、月曜日。
いつもより早起きしたにもかかわらず、やはり予想どおりてんてこ舞いでした。
出発予定時間には間に合う時間ですが「15分早く来たこともある」との父兄情報もあるので、全力でバス乗り場へ。
しかし。

そこには、誰もいません(ヒョオオオ〜)

うっそぉ〜〜〜〜〜〜っ!(衝撃)

「テニススクールに電話して確かめようか? でも、そこまでは分からないだろうなぁ」
「そういや、車で連れてく人がいたっけ。電話してみようか」
「最悪の場合はきむら子供連れで出勤とか? それは絶対に無理だ〜っ(泣)」

パニックで叫びそうになるのをこらえ(父兄情報を聞いてきた)相方に電話。

(ここに、ものすごい早口&剣幕の日英混合会話が入ります)

相方「そこ、帰りにバスが止まるところだと思う」

ガ〜〜〜〜〜ンッ!

きむら、違う乗り場に行っていたのでした(汗)

「早く行かなきゃ、今度こそ本当にバスに乗り遅れるぅぅぅぅ〜!」

そこから、再びきむら子供をひきずって、本当のバス乗り場へ。
いましたよ、他の子供や親御さんたちがぁぁ。
安堵。

結局、バスはほぼ時間どおりに乗り場に来ました。

なんだよ〜、15分早く来るっていう情報わ〜(怒)

ま、とにかく、間に合ってよかったです。
「イェ〜〜〜〜イ!」
バスが走り去ると、きむら子供の友達のお母さんと、思わずガッツポーズしちゃいました。

しかし。

その足でオフィスに向かい、フラフラヘロヘロながら仕事をしたものの、つい、夏を思わせる陽気(33度ありましたっ!)に誘われて、外でランチを食べて帰ってきたら、何ときむら子供の回収時間30分前でしたっ!!

またしても、全力疾走〜っ!(半泣)

短距離は走る、長距離は「早歩き」で、何とか駅にたどり着き、電車に飛び乗って、きむら近所駅で下車。
しかし、バスの時間には間に合いそうにもない〜っ。
駅ビル内をさかさか歩きながら、朝会った「きむら子供の友達のお母さん」に緊急のヘルプコール。
すると。

「ごめんなさいね、ウチの子、アイススケートで転んで脳しんとう起こしちゃったから、これから病院に連れて行かなきゃならないの。だから、バス乗り場には行けないわ」
ですと。

ひえ〜っ。そういうこともあるんですね〜。

驚きつつ、外に出、歩道を疾走するきむら。
走る、走るっ。

で。
・・・・・まーにーあーいーまーしーたー(息絶えだえ)

そうしたら。
・・・・・バス、5分遅れてやんの(怒)

もう、汗だく息切れで目の前が暗くなってます。
家に帰ったらひっくり返ってしまいそうです。
ですけど。

今日は、これからきむら子供のプライベートレッスンがあるのでした。

わずかな時間に家に帰り、きむら子供におやつを食べさせている間に荷物を詰め替え、着替えさせて、再び電車に乗って、レッスンの場所へ。

無事にレッスンが始まると、きむら子供(小さいほう)を連れて近くの○クドナルドに行き、しばし休憩。
きむら子供がマッ○シェイクを飲んでいる間「小説でも♪」とノートを開きましたが・・・・・いつの間にか爆睡しちゃいました。

ヨダレが出そうになって目が覚めましたけど、そのまま寝てたらどうなってたんだか(汗)

そんなこんなでものすごく忙しい一日でした。

でも。
いいこともあったんですよ。

朝、子供&親御さんたちと一緒にバスを待っているとき、道路の向かい側を、

男の大群が走って行きました〜〜〜〜〜っ!

色黒、色白、毛深い、体毛なし、タイプはいろいろです。
でも、みんな一様に引き締まった体つきをしています。

しかも。

ハダカですぅ〜。

(あ、上半身だけね(笑))

きむら、口、ポカ〜ン。
「あれ、何?」と、思わずきむら子供の友達のお母さんに聞いてしまいました。

彼女によると、彼らは近くの海軍基地のエリート士官で、朝、こうやってランニングをしてるんだそうです。

いつも遅刻ギリギリに学校に行っているから知らなかった〜(爆)

30人くらいはいたでしょうか。
彼らが走り去るのを見送ってから、きむら、きむら子供の友達のお母さんと顔を見合わせて、にんまり笑いました。
「目の保養よね〜♡♡♡」
「ほーんと♡♡♡♡♡♡」

あ。
こういうのを、英語で「Eye Candy」と言います。
何となく、ニュアンスが分かりますよね(むふふ♡)

こういうすんばらしいものが鑑賞できるなら、これから毎朝、がんばって早起きしようかな〜(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-04-19 13:38 | その他もろもろ


<< (更×2)あなたは健康のために...      (更)ラクダとドラッグ、どちら... >>