2005年 03月 29日
今、何時〜っ!?(悲鳴)
時計を戻す

どうも。きむらです。

秋ですね〜。
は〜。

なんて、日本はこれから春なのでした。

先週までシドニーは日本と2時間の時差がありましたが、日曜日にデイライト・セイビング(夏時間)が終わったので、時計の針を1時間戻し、1時間の時差となりました。

時計といえば。
リビングルームの高いところにある時計は一番大きく、きむら家の標準時間を示す役割を担っています。
しかし。
これ、先週まで54分遅れてました。
なぜかというと。
夏時間が始まったとき、壁から取って時間を1時間遅らせなければいけなかったのですが。

面倒くさいので、つい、そのまま放っておいてしまったのです(爆)

で、それが6分ほど進んでいたので、夏時間で考えると54分遅れだったのです。

きむら家の住人はすぐ慣れましたが、この半年間にお客さま数名が被害に遭われた模様です(ま「1時間、長居し過ぎちゃった〜!」程度の被害ですが(笑))

ところが。
リビングの隣のキッチンには電子レンジとオーブンの時計があって、それぞれ2分と3分進んでいます。

そして、キッチンで充電しているきむらの携帯は確か2分ほど遅れています。

そんでもって、今、使っているコンピューターの時計は約10分遅れています。

とどめはビデオデッキの時計で、これはしょっちゅう電源から抜いてしまうので、全然関係ない時間を表示しています。

ああ。まだあった。
ダイニングルームには、アートっぽいちょっとオサレな時計がかかっているんですが、これに至っては去年だか一昨年だかに電池が切れて、そのまんま単なるオブジェになってます。

つまり。

きむら家にある時計で時間が合っているのは、ひとつもないんです。

「そんなのチャッチャと合わせりゃいいじゃん」と思われるでしょう。
きむらもそうしたいです。
でも。
どうせ合わせるなら、秒針からきっちり合わせたいんですよ。ラジオの時報か何かで。
しかし、壁から時計を下ろし、悠長にラジオの時報を待ってる時間がないんです。で、つい、こんな状態が延々続いてしまって。

だから、朝などは、ただでさえ忙しいところに「+2分」「−6分」という計算が入ってきますから、ワケ分かんなくなります。

そんなんで、デイライト・セイビングが終わったもんですから、体内時計までが時差ボケのまま、バラバラの時計を見るハメになりました。
しかも。

最近の家電は、アタマ、よすぎっ!

こちらが直す前に勝手に自動修正しててくれたりするもんで、それに気づかず手動で更に修正して本当の時間より「−1時間」にしちゃったりします。

もう、ここまで来ると、一体、今、何時なんだか分かりませんし、こうなりゃ何時でもいいや!という気分にもなります。

あ。
そういえば、たったひとつ正しい時間を指している時計がありました。
きむら子供の部屋の壁掛け時計。
でも。
きむら子供の部屋に入るときというのは、いつもほとんど切羽詰まってますので、

「起きろ起きろ起きろ起きろ、学校!学校!学校!学校!」

と怒鳴りまくっていて、時計なんて見てるヒマはないのでした(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-03-29 23:22 | その他もろもろ


<< これですよ、これっ!      ウサギに生えているのは・・・・・? >>