2013年 02月 28日
心のかたち トリュフのかたち/制作記
どうも。きむらです。
前回の記事に書いた「バレンタインデーの手作りチョコレート」ですが、
先日ようやく完食しました。
きむらが(笑)

結局、相方はバレンタインデー当日は喜んで(?)約3個分ほど食べましたが、その後は
「・・・う〜ん、今日は止めとく」
を連発したので、無理強いするのも悪いかと思い、
きむらと、若干悪食傾向のあるきむら子供・下とで食べていました。

まあ、あんまり美味ではなかったですし、
「冷凍庫に入れても固まらなかったため、食べるにはスプーン2本を使って皿から定量えぐり取り、ココアパウダーの上で転がしては食べる」
という、ひたすらめんどくさい手順を踏まなければならなかったのも敬遠された理由ではないかと思います。

「出来たてを食べる」なんて、チョコレート・フォンデュと似てるような気がするんですが、残念ながら「ロマンチックなムードを盛り上げるアイテム」にはなりませんでした(笑)
(あー、まあ、一緒にプレゼントしたDVDはものすごく喜んでもらったので良しとしときます)

考えてみれば、きむらはバレンタインデーに「手作りチョコ」をプレゼントしたことがなかったんですよね。
えっと、あげる相手がいなかったということはなく、「本命チョコ」も「義理チョコ」もちゃんとあげていました。
ただし、既製品のを。

だって、貰う立場から考えたら、
「手作りチョコ」って、
何が入っているか分からないし(← 推理小説の読み過ぎ)
どういう環境で作ったか分からないし(← ホラー小説の読み過ぎ)
意中の人からではないかぎり、素直に喜べないのではないかと思いまして。

・・・・・。
しかーし。
そうやって、相手に重荷にならないようなタイプのチョコとなると、どうしても「ウケ狙い」のお笑い的なものになってしまって、
その結果、バレンタインデーにチョコをあげても、ジョークだと思われて
ホワイトデーに「お返し」は来ませんでした。
ひとつも(泣)

タイムマシンがあったら、
過去数年分の3月14日のきむらのところへ行き
「よしよし、お前はよくやった」
と慰めてあげたい気分です。

今回ふと思いついて何十年ぶりに「参戦した」バレンタインデーですが、
ホワイトデーに何かあるなんて、まず期待できないと思います。

だって、
オーストラリアにはホワイトデーの習慣はないですからっ!

よし、この記事を英語に直して相方に読ませよーっと(笑)


(業務連絡)
ええと、これ系の話題はここ数年(!)書いていなかったので「業務連絡」あつかいにしていたか定かでないのですが。
(↑ 自分の過去の記事を読めば分かるのに、めんどくさいから読まない)

このブログを開設するきっかけとなった例の小説(← 遅筆すぎて恥ずかしくて題を書くのもためらわれる)ですけど、
そろそろトンネルの向こう側が見えてきました。

一時は、書いてもかいてもあまりに先が見えないのに時間ばかりが無情に過ぎてしまうため、内心
「こ〜れ〜は〜、大菩薩峠か、グイン・サーガか〜っ?」
と完成を危ぶんでいましたが、ここまで来れば、取り敢えず「完結」は望めると思います。

しかし、ここでまたしても問題が。

第2章に入ってから、各章のページ数がどどん、と増えているのです。
「増量」なんてもんではなく、
平均して倍増〜5倍増ぐらいに。
中には「この1章でラノベ1冊分に相当するんじゃないの?」ぐらい長いのもありまして(汗)
おかげでボランティアでプルーフリーディングをしてくれていた友人も、途中でことごとくリタイアしてしまいました(涙)

果たしてこれをそのまま従来どおりに発表するか、はたまた何か他のやり方にしたほうがいいのか。

現在、考えているところであります(う〜む)

あ、ちなみに、今は27章です〜♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2013-02-28 10:29 | その他もろもろ


<< ナツ\(^o^)/オワタ      バレンタイン・デー@きむら家 >>