2012年 12月 26日
見ろ!買い物客がゴミのようだ!
どうも。きむらです。
さっき、バーゲンから生還しました〜(ぜいぜい)

豪州はクリスマスの25日と翌日26日のボクシング・デーは休日です。
25日は絶対に絶対な休日なので、教会に行く以外はイベントはなし。みなさん家でまったり過ごすことになっています。
(前に書いたか忘れましたが、まだ相方とふたり暮らしだったン年前、きむらはうっかり「でも KFC は開いてるよね? だって日本じゃクリスマスに KFC のチキン食べるもん」と言い張ってクリスマス当日に KFC に行ったら、見事に閉まっていて路頭に迷ったことがあります)

しかし翌日の26日は何というか「グレーゾーンな休日」で、通常営業をするかしないかは産業あるいは地域によって違います。

例えば、映画館は新しい映画(しかも超大作)のロードショーを26日から始めるのが伝統になっているので、たいていの映画館は通常営業です。そしてきっと観光客のためなのでしょうが、観光地も普通どおりに店が開いています。シドニーの場合は、シドニー市街(Sydney CBD)は大型ショッピングセンターとその周辺は26日が事実上のアフター・クリスマス・セールの初日で、デパートなどは特別に早朝(Myer は朝の5時から!)から店を開けて一年で最も売り上げが高い日に備えます。

そして肝心の今年のセールですが。

なんだかものすごい混雑で芋洗い状態でしたっ!
「見ろ!人がゴミのようだ!」
ショッピングセンターの吹き抜けの部分に立って下を見下ろしたら、無意識に「天空の城ラピュタ」のムスカ大佐の名セリフが口をついて出て来そうなぐらい人・人・人でごったがえしていました。

昨日まではニュースで、
「オンライン・ショッピングの普及により、バーゲンセールに出かける人は減少傾向にある」
とか言っていたのですが、事実は識者の予測とは正反対でした。
きむら的観察では、恐らくは昨年を上回る、いや、ここ数年で一番の人出ではなかったかと・・・・(汗)
(ちなみに昨日は一日中雨で肌寒かったので、その反動でみんなが一斉に外出した、とも考えられます)

バーゲンを狙って買い物をする人を英語で bargain hunter と言いますが、様々な店の色とりどりの買い物袋をいくつも提げて歩く買い物客はまるで狩猟で仕留めた獲物を肩に担いだハンターのようです。
今年は違いましたが、もしニュースで言っていたようにいずれオンラインによるバーチャルなショッピングが身体を張ったリアルなショッピングを駆逐してしまうなら、こんな光景を見るのもあと数年なのかなぁ、などと感慨に耽りつつ、自分も獲物を手に家路を急ぎました。


(あまり役には立たないかもしれない情報)
これは通年バーゲンに行っての感想なんですが。

バーゲンの初日は「眼福の極み」でもあります。
なぜかというと、
シドニー中の「ファッショナブルな人々」が一斉に買い出しに来るからです。

今日行ったデパートの紳士服売り場も、イケメンの密度が通常よりグンと上がっていて、どこを向いても心の中で「きゃ〜」と黄色い声を上げてしまいました。

オージーの超絶イケメンを見てみたい方、是非バーゲン初日に行ってみてくださいね〜♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-12-26 14:41 | その他もろもろ


<< 自宅警備強化中!      (更)クリスマスがないって本当... >>