2012年 12月 20日
(更)クリスマスがないって本当ですかっ(笑)
どうも。きむらです。
シドニーは暑いです。
半端なく暑いです。

どのぐらい暑いかと言うと、
「床下からどうにかクリスマスツリーを探し出したが、
ティンゼル(細い線状になっているアルミのような飾り)はあったものの、
オーナメント(ツリーのそこここにぶら下げる飾り)の入った袋がどうしても見つからず、
かといって家のどこかに絶対にあるはずだから新しく買う気は起こらず、
仕方ないので現存のティンゼルとツリーに付いたままになっていた唯一のオーナメントで飾ったら、
ものすごく「びんぼっちゃま」風のクリスマスツリーになり、
「まあ、いっか」と、そのまま放っておいたら、
きむら子供が雑誌の写真の切り抜きをツリーにべたべたと貼って、
何だか恐ろしい仕上がりになったが、
この暑さの中、これから再び床下に潜るのはとても気が進まないので、
「2012年にふさわしい、アポカリプティックなツリーだね♪」と開き直ってる状態」
です。

お分かりいただけただろうか・・・。

アポカリプティックというと。
巷では「明日で世界が終わる」とか何とか言われているようで。
もし万が一そうだったら。
「今年はクリスマスがない」ってーことですかっ!?
もー、やだなぁ。
それだったら、もっと早く言ってくれれば、
クリスマスツリーの飾り付けも
プレゼントの心配も
要らなかったのに〜(ブツブツ)

ところで。
もし仮に「明日で世界が終わる」として、
一体、世界のどの辺から「終わる」んでしょうか。
例えば日付変更線辺りだったりすると、
世界の「終わりの始まり」から「終わりの終わり」まで、
きっちり24時間ズレるということでしょうか。
もし全世界で同時に終わっちゃうとしたら、絶対にどこかでは
「おぉ、我が国は他のどの国より1日長く生き延びたぞ(喜)」
とか、
「ゲッ、ウチの地域は世界の終わりの日より前に終わっちまったぜ(怒)」
といった不公平が生じるような気がします。

アポカリプティック関連の話題その2ですが。
先月だか先々月だかに映画「2012」がTVで放送されていたので、観てみました。
相方(以前出張で乗った飛行機で観た)が「まあ、見てみなよ(笑)」と言っていましたので、何となくその声の感じでだいたいどんなものかは想像できましたが、
観ないでいろいろ言うのはフェアではないと思い、観てみたところ、
やっぱり相方がすすめた通りトンデモな映画でした。以下簡潔にストーリーを紹介しときます。

「人類終焉の危機に、それほど重要でもない主人公の男とその家族がもっと重要そうな他の人々を差し置いて生き延びる話。周囲の人間は主人公とその家族と関わっている間は無事なものの、ひとたび彼らと離れたら瞬殺。その間に何だか身分違いの恋愛やクスッと笑う程度のジョークがあり、アメリカ以外の国の様子がぱらぱらと紹介される。そして日本が出てくるといつもニュースか秋葉原」

考えてみると、大災害ものの映画はことごとくストーリーがこんな感じですね(笑)

「2012」は2009年の作品だそうですが、大自然の脅威に立ち向かう人間賛歌的なものが観られると期待して正規料金を払って映画館で鑑賞したお客さんの憤りを慮ると非常にやるせない気持ちになります。
きむらの知るかぎり、このテの災害もの映画でこの「2012」をしのぐトンデモっぷりを発揮したのはアメリカのTV映画の「Meteor」(これまた2009)ぐらいでしょうか。
(これもそういう意味ですごい映画なのでオススメしときます(笑))

まあ、今年中にやっておかないと、今後は絶対に誰も観ないこと請け合いなのでかなり滑り込みセーフ的に番組表に組み込んだという感じで、しかも予定より早く終わったクリケットの試合中継の後、しかも急遽前日と放送予定を差し替えで放送していたので、予約録画で観ようとした人(もしいるとすれば)は逃したのではないでしょうか。

ジョージ・オーウェルの小説を映画化した「1984」は1984年よりずっと後になっても観たい気がしますが、果たして後世の人々はこの「2012」を観たいと思うかどうか。

って、それ以前に明日で世界が終わるなら観られないじゃんっ(笑)


(蛇足)
今日一番ハートをわしづかみするセリフは、やっぱり、
「世界が終わる最後の日を君と過ごしたい」
ですよねっ!

うわーっ、これを言えば誰もがみんな災害もの映画の主人公だっ!!
言いたい。
是非言ってみたいぞーっ!!

が、しかーし。
相方はとっくに寝てしまったーっ!

・・・・・言い損ねて、すごく悔しいです〜(涙)


(追記)2012年12月22日(土)
どうも。きむらです。
どうやら世界が終わらなかったらしいことをここに追記しておきます。

ってーことは。
クリスマスは予定どおり行われるんですね。

あー、もうラッピングは勘弁してくださひ(溜息)
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-12-20 21:04 | その他もろもろ


<< 見ろ!買い物客がゴミのようだ!      板垣死すとも代わりはいるもの >>