2005年 02月 25日
きむらの課外活動(小説編)
どうも。きむらです。

今日は金曜日なので、エチュードさんのブログへ行って、小説の勉強をしてきました。
エチュードさんはクラギ(クラシックギター)をテーマにしたブログを運営していますが、なぜか毎週金曜日にはオリジナルの小説をアップしています。(どうやら以前書きためた小説をアップすることで、金曜日に楽をしているらしいです(爆))

で、いつからか忘れましたが、きむらもそれに便乗して、コメント欄にエチュードさんの小説のパロディを書くようになりました。

これがそうです。

事前の打ち合わせなどはないので、金曜の朝に最新の「純愛物語」を読んで、その場で(あるいは後で)パロディを書きます。ストーリーがどうなるかはエチュードさんのみぞ知る、なので、きむらは思いつくまま出たとこ勝負で自分なりの話を書いていきます。

きむらのパロディはじっくり読めばいろいろアラが出てくる拙い創作ではありますが、課題を決められた時間(自分で勝手に同日アップと決めている)に仕上げるというのは、ひらめきや瞬発力を養うのにいい練習かな、などと思っています。

あと。
きむらの小説は長編で延々続いているので、こんな風に簡潔にオチをつける文章を書くというのはとてもいい気分転換でもあります。

きむらがおポンチパロディを書くのを野放しにしている快く許可してくださっているエチュードさんに感謝します。


(蛇足)
今回のパロディは結構長かったので、よっぽどトラックバックにしてこちらに本文を載せようと思ってましたが、やっぱりエチュードさんのところに置いてこそ映えるのでは、と、細切れでコメント欄にアップしました。

きむらのオリジナル小説しか読んでない人がいきなり見たら、腰を抜かすかもしれませんし〜(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-02-25 20:47 | その他もろもろ


<< 第10章(1)      JET 家の敷居は高い/小説の... >>