2005年 01月 01日
シドニーより、明けましておめでとうなのです/Bonus アップしました
どうも。きむらです。
さっきパーティーから戻ってきたところです。

いや〜、よかったですよ〜。

お友達の家の海の見えるバルコニーでワインやシャンペンを飲みながら花火見物。
そして、カウントダウンの時刻にはハーバーブリッジの全貌が見える更に見晴しのいい高台まで歩いて、そこで新年の花火を見ました。

食事はおいしいし、会話は弾むし、きむら子供もいろいろ遊ばせてもらったし、本当に楽しいひとときでありました。
ほんと。
きむらのようなおポンチ野郎がこんなにしてもらっちゃっていいのー、と思ってしまうくらい、すんばらしいおもてなしでしたっ。
お友達ご夫婦がワイン(もちろん高級品)やシャンパン(赤ワインから出来ている珍しいもの)を説明しながら注いでくれるんですが、きむらったら、ただ「へー」とか言って、ぐびぐび飲んじゃうだけなんですもん。これからは「おいしくて、つい、ボトル半分飲んでしまいましたよ」と酒量を誇るのではなく、「ほぉ。さすがはクーナワラのワイン。芳醇な香りがいいですねぇ」などと、的確にコメント出来るようにしたいと思います(← でも、ちょっとこっぱずかしい気も(笑))

とにかく、ロケーションがよかったのでしょう、今までで一番よく花火が見えました。そして、9時の家族向け花火(8分半)と12時の新年の花火(15分)の間には電飾で飾られたボートやヨットが湾内をゆっくり航行しているのをディナーテーブルから見ました。

花火はシドニー湾の何か所からか打ち上げられ、広い地域から見えるようになっています。しかし、眺めのいいところは早朝から(早い人は前日から来てる)場所取りが始まり、花火の何時間も前から黒山の人だかりになってしまいます。

ですが。
きむらがいた辺りは新聞のガイドにも載っていない超穴場で、日が暮れる頃にはポツポツ人が集まりだしましたが、花火の始まる時間に来ても十分見られるくらい空いていました。ラッキー。

「これでもか、これでもか」と炸裂する色とりどりの大きな花火とハーバーブリッジから滝のようにほとばしる花火をじゅうぶん堪能してから、相方やきむら子供、お友達ご夫妻とそのお子さんと抱擁し、キスを交わし(こっぱずかしくはありますけど、その、特別な機会だから、ということで(笑))新年の到来を祝いました。

みなさま、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


(蛇足)
花火見物のときに募金集めがあると聞いていたので、きむらはコインをたくさん持っていきました。
でも。
人があまり来ない超穴場だけに、募金回収の人も来ませんでしたっ(泣)

まあ、シドニーの1月はいろいろ催しがあるので、またそのときに募金集めがあるはずです。


(蛇足の蛇足)
Bonus、アップしました。
これは、タイトルの通り「おまけ」で、読んでもよまなくても小説の理解には何ら影響を与えません。
でも、読んでいただけたら、うれしいでっす♡


(蛇足の蛇足の蛇足)
さっき、ニューサウスウェールズ州の宝くじサイトへ行って、31ミリオン(約24億8千万円)のロト宝くじ(12月31日抽選)の結果を見てきました。

惨敗でした〜っ(泣)

サイトによると、54人が1等を当てたそうで、そのうち18人がNSW州で購入したんですと。(31ミリオンを54人で配分することになります)
で。
そのうち1人はきむらの住んでいる町のニュースエージェンシーで、もう1人はきむらのよく行くショッピングセンターで購入していました。
ううう〜、グヤジイ。

でも、メゲずにまた買いますよー。
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-01 01:01 | その他もろもろ


<< (更新)きむら、パーティーアニ...      Intermission#3 >>