2004年 12月 27日
Hunters and Collectors
蒸し暑い朝でした。
脱水症状になるのを防ぐために、ペットボトルを持ちました。日差しを避けるために、頭には帽子を被っています。
「気をつけて」
バッグパックを肩にかけ、後ろを振り向くと、相方ときむら子供がドアのところで手を振っていました。
バスの中では目を閉じ、静かにスピーカーから流れる音楽に耳を傾けていました。
Stairway to Heaven
演奏部分が長いために、カラオケで選ぶと順番を待つ人々に殺されかねないですが、ギターの音色が美しい名曲であります。
聴いていて、これから戦地に向かうきむらにぴったりな曲だな、と思いました。

どうも。きむらです。
今日、バーゲンに行ってきました。

クリスマスにエレキギターというビッグなプレゼントをもらった分、今日は何としても大きな獲物を仕留め、家に持ち帰らなければなりません。

気分はほとんどハンターです。

まず、買うものから逆算して、一番効果的に動き回れるショッピングセンターを選定します。
それから、機動力を高めるために、クレジットカードではなく現金を用意しました。お金はショッピングセンターの近くのATMだと込むので、きむら家の近くであらかじめおろしてあります。
バスの中では、店の配置、品物の優先順位、大きさ、重量を考慮した買い物のシュミレーションを思い浮かべ、ひたすらイメージトレーニングをしていました。

クリスマス前はプレゼント用の買い物をする人たちで街はにぎわいますが、実際の商戦はクリスマス休暇の最終日です。25、26日と閉まっていた店はクリスマス前に売っていた品物の値段を一気に30〜75%まで下げ、バーゲン狙いの買い物客を迎撃します。

きむらはバスから降りると、まっすぐお目当てのショッピングセンターに向かいました。
着いて3分で最初の獲物(きむら子供用ディズニー関連のカレンダー)を50%オフで買いました。
そして45分以内に相方の欲しがっていたものを全部入手しました。

ここまでは楽勝でしたが、きむら子供の靴探しにはちょっと時間がかかりました。最初は大手デパートに行きましたが、値引率が低い上、品薄だったので、早々に退却し、準大手に移動し、そこで主に作戦を展開しました。
本来なら実物(きむら子供)を持参するのが理想的なのですが、それをすると非常に時間と手間がかかるので、バーゲンのような短期決戦には不向きです。なので、代わりにきむら子供が現在履いている靴を片方バックパックに入れて持ってきました。
それでも、デザインによって大きさは若干違いますし、バーゲンの混乱で靴箱と靴が一致しなかったり、サイズが違っていたりします。
バーゲンのときは「この種類のこのサイズの靴が欲しい!」と思っても、なかなかどんぴしゃりのものは手に入りません。ときには妥協も必要です。そして、その妥協点に到達するまでは、いくつもの靴箱を候補として積み上げる作業が続きます。

そして、これをしているとコレクターの心境になります。

値引きは、元値の上に赤で書き直してあるもの、値引き金額のラベルが貼ってあるものそのままの値札で「ここの商品は全品元値の30%」と売り場に張り紙があるものなど、いろいろ違った表示がされています。ですから、確認するために電卓を携帯していますし、怪しい場合は店内のPrice Checker (バーコード読み取り機)できっちり確認します。それでも変な場合はちょっと反則技かもしれませんが、売り場の表示も一緒にカウンターに持っていきます。(今日、やっちゃいました。テヘッ♡)

買い物が全部終わってから息抜きにCDショップに寄ったりしましたが、おおよそ3時間強で作戦が完了しました。

<買ったもの>
靴下 6足
半ズボン(パンツから変更) 2着
スイミングウェア 2枚
カレンダー 1つ
きむら子供の靴 6足
乾電池 1パック(きむら子供のおもちゃに使う)

これを全部元値で買うと、きむらのエレキギターセットよりはるかに高くなっちゃいますが、バーゲンを利用して賢く買ったので、合計$263.05でした。

割引率 約40%

効率よく買い物ができ、かつ、きむらの闘争本能もそこそこ満足させることができたので、有意義なお出かけでありました。

(蛇足)
きむらとエレキギターの蜜月日記♡

25日:エレキと一緒にAC/DCのDVDを鑑賞。無謀にも耳コピに挑戦しているところを相方に見られる。ものすごく恥ずかしかった。

26日:20分(きむら家にアフタヌーンティーに来たお客さんが喜んで弾いていた時間(汗))
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-27 21:04 | その他もろもろ


<< シドニー湾の花火を見るのです(更新)      Boxing Day >>