2004年 12月 10日
第9章(2)アップしますた/12月はさよならの月
どうも。きむらです。
子供を連れての帰り道、すぐ目の前の木に鳥がとまっておりました。
こんなヤツです。
日本名は「ゴシキセイガイインコ」とかいうそうですが、こっちではロリキート(lorykeet)と呼ばれています。
これが、手を伸ばせば届くような至近距離で、一心不乱に木の実だか何かを食べています。
8羽はいるでしょうか。
とてもきれいな鳥です。
日本では野生で見かけることはないでしょうが、ペットとして飼われているようです。

とてもきれいな鳥です。
家に帰って、早速、ネットオークションで調べてみました。

1羽69,800円でした。

とてもきれいな鳥です。
8羽いたので、合計558,400円ということになります。

とてもきれいな鳥です。
でも、今のきむらには空飛ぶ札束に見えます。

そんだけあれば、日本に帰れるのにな〜。


こちらに住んでいる日本人にとって12月は里帰りの季節です。
スクールホリデーが12月から始まることもあり、みなさん長期休暇を取って日本のそれぞれの郷里へ帰っていきます。
きっと、みなさんはふるさとに帰るんでワクワクしているでしょうが、それを見送る「残留組」はちょっと寂しかったりします。
日本人に限らず、12月はクリスマスがありますから、長期休暇を取って里帰りをする人たちがたくさんいます。
もうほとんど Exodus(大移動)と言ってもいいくらいです。
そして、脱出の直前、11月に入ってからポツポツとランチやディナーのお誘いが来はじめ、月末にかけてドッと増え、それがクリスマス直前まで続きます。メンバーはというと、仲はいいけど、忙しくてしばらく会ってなかった人たちが多いような。
「今年のうちに一度会っとこうと思って」
年が明けて1月に会っても結局同じことなのですが、何となく1年が終わる前にご無沙汰してた分を帳消しにしたいんですよね、きっと。

9月に一時帰国したため、きむら一家は今年中はもう日本へは帰りません。いつもなら相方の郷里(パース近郊)でクリスマス休暇を過ごすのですが、今回はいつ休暇を取るか決めかねているうちに、飛行機のチケットが取れなくなってしまいましたので、パース行きは来月に延期することにしました。

なので、数年ぶりにシドニーでクリスマスを迎えます。
ということは。

きむらがぜーんぶクリスマスの準備、しなくちゃなんないわけ〜っ?

んな、殺生なっ!!


(蛇足、というか、本題)
ええと、今週は「小説をアップしない週」です。
でも、ちょっと考えてます。
「さ来週はクリスマスイブでみなさん盛り上がってブログどころじゃないでしょうし、その次の週は大晦日(うわっ、もうすぐじゃん!)で、それこそブログどころかコンピューター立ち上げてるヒマ、ないんじゃないかなぁ。だったら、繰り上げて3週連続で第9章アップしちゃってもいいかも〜」
なんて。

今週、続きが読みたい人、いますか?


(追加)
リクエストがありましたので、第9章(2)アップしました。
今年中に「スコットランド編」を片づけて、キリよく新年から第2部に突入したいと思ってます。(現在は第2部第17、18、19、20とIntermission#6,7を書いているところです。先は長いです(ヒョオォォォォ〜 ←木枯らしの音))
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-10 08:54 | その他もろもろ


<< 揺れる心を音楽に託して      おポンチもすなる音楽 >>