2004年 12月 05日
おや、気がつきませんでしたよ
どうも。シドニー在住のきむらです。

こちらも日本の師走ではないですが、クリスマス前って何かと忙しくて、そんなことで騒ぎになっているとは、全然気がつきませんでした。

というか。
市庁舎は別にクリスマスの飾り付けの人気スポットってわけでもないですからねー。
有名なところといえば、シドニー市街ならMartin Place(マーティン・プレイス)。そこでは巨大なクリスマスツリーを飾っていまして、この間見ましたが、今年も「健在」でした。
他にもPitt Street Mall(ピットストリート・モール。ショッピングの中心です)やCentre Point(ショッピングセンター)、Myers、David Jones(共に老舗デパート)などでも盛大にクリスマスの飾りつけをしてますし、お役所のツリーがしょぼくても民間がハデハデにやってくれてるから、いいんじゃないでしょうか。

それよりは、大晦日の花火とハーバーブリッジのライトアップで頑張って欲しいものです。これのほうがクリスマスよりシドニーの名物として世界的に知られてますんで。

ということで、真夏のクリスマスを迎えるオーストラリア、シドニーより、わたくし、きむらがお伝えしました。

では、東京のスタジオにお返しいたします♪


(蛇足)
この槍玉にあがっているクロバー・ムーア(Clover Moore)市長は息の長い政治家で、今年シドニー市長になる以前(1988年)からシドニーのBligh選挙区選出のニュー・サウス・ウェールズ州議会議員をやっています。
きむらは特に支持政党のないノンポリですが、無所属でずっと議員やってて、市長にまでなったこの人にはちょっとシンパシー感じちゃいます。
でも、きむら、住んでいる地区が違いますし、まず、選挙権ないんで、サポートしようにも投票も出来ませんが。(苦笑)
あと、この人は「ゲイ擁護派」の議員としても知られています。(もともと、Bligh選挙区自体がゲイにフレンドリーなエリアなんですけどね)夏に行われる「マルディグラ」のゲイ&レズビアンパレードにはいつも彼女に扮した人たちが出てくるほど人気があったりします。

あ、そっか。だからかも。

クリスマスと言えば、教会。で、教会の宗派のほとんどがゲイを認めてないんですよ。(「マルディグラ」のパレードを反対している宗教団体もあるし)ゆえに「ゲイ擁護派」の市長が行うクリスマス行事に対して反対派が文句を言う、と。

何だか残念ですねー。
どんな形であれ、みんなで1年の最後を楽しく祝うことができればいいんじゃないでしょうか。

クリスマスを祝い、元旦に神社やお寺(って、これも別モンですけどー)に初もうでに行ってもオッケーな日本の曖昧な宗教観がうらやましくもあります。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-05 16:00 | その他もろもろ


<< 潜入!「サンタの洞窟」      第9章(3) >>