2004年 12月 03日
第9章アップしました/超極悪非道なきむら
どうも。きむらです。
今月から晴れてブロードバンドのダウンロードが「無制限」になったので、うれしくて
いろんなサイトを出たり入ったりしてます。
そうしたら、このようなものがありました。
(どなたかのブログからなのですが、あまりウロチョロしていて「迷子」になったもので、出どころが分かりません。お心当たりのかたはご一報下さい。後で、お礼のカキコに参上いたします。(←かえって迷惑だったりして))

いやあ、感動しました、正直云って。
ここまで見ず知らずの他人、というかオンラインにきむらの性格について断言されたことはありません。
誰に何を言われても落ち込まないかた、おみくじで「大凶」を引き当てても笑い飛ばせるかたはトライしてみて下さい。
そして、きむら以上に極悪非道と断定されたかた。
お友達になりましょう♡(爆)
ああ。あんまり面白いので、各項目の下にきむらなりの解説をつけときました(笑)



1. 性格

得手勝手な理想や使命感を振り回すタイプですが、実際の姿やいかにと見れば、好奇心や衝動的な喜怒哀楽に振り回され放しのお元気屋です。心情的には、非常に冷たい性格で、自分の事は棚に上げて、他人の非を徹底的に攻めるタイプです。自分の立場や周囲の反響を計算もせず、悪口雑言(あっこうぞうごん)を平気で吐く人です。世間から非常に嫌われる見本のようなタイプで、このまま行くと次第次第に孤立無援の状態が、作り出されて行くでしょう。今後の貴方にひたすら求められる条件は、第一に、他人に対する優しい思い遣りの心を高める事。第二には、一般社会に通用する判断力の強化です。


「お元気屋」
いい言葉ですね。きむらにぴったりかもしれません。
もし、こういう商売が成り立つならぜひなりたい職業です。
「世間から非常に嫌われる見本のようなタイプ」
見本ですか。「手本」だったら、悪の大王か何かになれそうなんですけどねー。


2. 恋愛・結婚

身の程知らずの高望みをする上、結婚後は、云いたい放題、遣りたい放題で、手が付けられない状態になる可能性が有ります。配偶者に対する思い遣りなどは殆ど無く、本能的欲望の赴くままに、厳しい要求を突き付け、それが世間並の要求かどうかと云う判断自体が、満足に出来ないタイプですから、到底、末永いお付き合いを願うと云う訳には参らなくなるでしょう。自分勝手な本能的欲望の滾(たぎ)って来た時には、取敢えず自分の老残の姿を思い浮べるようにお勧めします。そうする事によって、幾らかのブレーキが掛かる可能性が有ります。


「自分勝手な本能的欲望の滾(たぎ)って来た時には」
何だかエネルギッシュですね。「滾(たぎ)る」なんて、普段あまりお目にかからない文学的な表現です。これを書いたかたの知性がそこはかとなく漂っています。


3. 職業適性

性格の中に、狂気に近いものを抱え込んで居るタイプなので、一般的な職業に就く事が相当に難しいでしょう。貴方がもし男で有って、体が頑健なら、大相撲の力士、プロボクサー、プロレスラー、レーサー、競輪選手、競艇選手などのように、異常な闘志と欲望を売りものにする世界に挑むのも良し、肉体的な条件が極く普通だったり、女性だったりした場合には、芸能や芸術などの特殊な世界に賭けて見るのも、死中に活路を求める一つの方法です。


「異常な闘志と欲望を売りものにする世界に挑むのも良し」
またしても出てしまいました。「きむら=体育会系」説がっ(爆)
って、こう書くと、大相撲の力士、プロボクサー、プロレスラー、レーサー、競輪選手、競艇選手が機嫌を損ねて大挙して押しかけてきそうですが。
逃げるんだっ、作者!(爆)


4. 対人関係

変に世を拗ねたり、恨んだりして、万が一にも犯罪の道に踏み込む事がないように気を付ける事が、先ず第一です。世の中は貴方の都合の良いようにばかりは出来ていませんし、貴方の性格を考えた場合、世の中の全てが貴方を苦しめるように出来ているのでは無いかと思えるかも知れませんが、それは殆ど貴方の思い過ごしと僻みである事を自覚して下さい。


「万が一にも犯罪の道に踏み込む事がないように気を付ける事が、先ず第一です」
「万が一」とは書いてありますが、行間から「お前、ぜーったい犯罪に走るよ、将来」という作者の思いが伝わってきます。
って、そういう風に書くと、作者から「ほら、やっぱり思い過ごして僻んでやんのー♪」と言われそうなので、そう思わないことにします、と、取り敢えず書いておきます。
でも、もし、何らかの形で作者と会うようなことがあったら、どさくさまぎれに一発頭を張るのは、まず間違いないでしょう(爆)


(きむら総評)
これ、いいですよねー。
こういう性格判断で一番楽しんでいるのはこれらの文を書いた人だと思います。
きむらもこういうのを作ってみたいです。
で、好き勝手な判断文書いちゃいますよ。
こういう職業の求人情報ございましたら、ぜひ、きむらまでお知らせ下さい。


(蛇足)
あ、忘れてた。
今日はThe Delicious Boyアップの日です。今回から第9章です。まだまだ続きます。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-03 09:47 | その他もろもろ


<< 第9章(3)      お暖かいのがお好き? >>