2011年 09月 30日
頭脳戦〜
どうも。きむらです。
前から何度か書いたと思いますが、きむら家及びきむら家敷地内にはネズミが出没します。

普通の力仕事及び汚れ仕事(通りにゴミ箱を出す等)は相方にお願いしちゃってますが、生き物関連については、なーぜーかーきむらに仕事が回って来ます。

手のひらサイズの大型グモがいたー、とか、
トカゲが部屋の中を走り回ってるー、とか、
ネズミが出たー、とか。

「きゃ〜、こわい〜っ」と悲鳴のひとつも上げれば、相方が出動してくれるんでしょうけど、へっぴり腰で棒を持ってつんつんしている相方を見ると、つい、
「OK、ここはきむらに任せとけ〜」と、しゃしゃり出てしまいます。

で、最終的に「いきものがかり」に就任してしまう、と。

しかし、この「いきものがかり」動物の世話をするのではなく「いきもの」を「なきもの」にするケースが多々あるので、根っからの動物好きとしては微妙なところです。

で、そのネズミですが。
家屋での攻防はきむらの勝利に終わり(最近は出てないですね〜)現在は裏庭のコンポスト防衛戦が続いています。

きむら家の裏庭には大型のコンポストがひとつあり、そこに野菜くずなどを溜めて堆肥を作り、出来た堆肥を庭の土に混ぜ、植物の栄養としています。
うまく行けば将来的には、花とかよく分からないので家庭菜園を充実させ、収穫に持ち込みたいところです。

が、ネズミがコンポストの中身を狙っているのです。

コンポストの上ぶたをどかして侵入するのでレンガを重しにしたところ、今度は地面に穴を掘ってトンネルを作り、下から侵入するようになりました。
コンポストの周りに物を置いてみてもそれを避けて穴を掘りますし、木の枝や木切れを杭代わりに打ってみても更にその下まで掘り進んでそこから入って来ます。

どんなにスコップで穴を埋めても翌日には元通り。
あんまりキレイに掘るもんで「モグラの仕業だったりして?」と思いましたが、相方によると「オーストラリアにはモグラはいない」とのこと。
へ〜、それは知りませんでした。

まあ、でも、感心してばかりもいられませんので、今度はちょっと頭を使って、穴を埋める代わりにそこに古いテニスボールを詰め、よく掘られる辺りにパイナップルのトゲのある葉の付いた先っぽの部分をねじ込んでみました。

成功!
どうやらネズミの侵入を阻めたようです。

が、しかーし。
安心して数日そのままにしていたら、いつの間にやら反対側に別のトンネルが掘られていました。
orz

きむら、負けじと上記の戦法を展開。
しばらくするとコンポストの周りはパイナップル畑のようになり、テニスボールも底を尽きました。

そこで、根負けした相方がコンポストNo.2を購入、コンポスト初号機は戦場に打ち捨てられ、きむらは裏庭の反対側に置いたコンポストNo.2で堆肥作りを始めました。

が。
2週間ほど穏やかな日が続き「ようやくこの地にも平和が〜」と思ったある日、コンポストNo.2の前に見慣れた大穴がボコ〜ッと。
やはりネズミに嗅ぎ付けられてしまいました〜。
orz

その後、パイナップルの葉っぱ+テニスボール(というか、齧られないようなものなら何でも埋める)作戦は続き、最近はその上に最終兵器としてバネ式のネズミ取りを穴の入り口に置いています。
(ネズミ取りはあくまでも脅しとしてなので、餌は付けず、穴を掘り進めようとしたら作動するように仕掛けてます)

これでもダメだったら、今度は底がない地面に置くタイプのコンポストではなく、コンポスト部分が地面から浮いているコンクリートミキサーのような形のものを買うしかないのだろうなあと思っています。

何かそれでもネズミはきっと頭を使ってどうにか侵入してきそうな気がしますけど〜。


(蛇足)
今年の9月はみょ〜に早かったように思います。
ニューヨーク同時多発テロから10年目、東日本大震災から半年となる11日までは日の経つのがひどくゆっくり感じられたのですが、その日が何事もなく過ぎると今度は倍速になったかのように時間が過ぎてしまって。

W杯ラグビーだって、しっかり観戦記(あ、TVのね)を書こうとしてたのに、気がついたら予選が終わってしまっていました。
ワラビーズの試合はちゃんとW杯前のブレディスロー・カップから観て、豪州優勝に狂喜乱舞してたんですけどね。どうもブログを書いている余裕がありませんでした。

来月から本気出す、うん(笑)
[PR]

by Kaoru_Oishi | 2011-09-30 23:18 | その他もろもろ


<< サイケなリンゴだった      オーディションすれば? >>