2011年 06月 16日
月食どころか、日、喰われっぱなし
どうも。きむらです。

今日の早朝に月食が見えるらしい、とニュースで読んだので楽しみにしてたのですが、朝目覚めると無情にも雨音が。

で、あきらめて二度寝したらアラームをセットするのを忘れていて。
・・・・・。
次に寝返りを打って時計を見たときには血の気が引きました(怖)
秒速でベッドを飛び出し、きむら子供を叩き起こし、何とか間に合いましたが(汗)

ということで月食は見られなかったのですが。
最近のシドニー、月どころか太陽が全然見えないんですよね。
もう、雨、雨、雨ばっかりで。

しかも降り方がハンパなくて、家に居ても
「ちょっ、これ、家大丈夫かっ!?」
と不安になるぐらいの大量の水が空から一気に落ちて来ます。
おかげで築約100年のきむら亭、見事に雨漏りしまくり。

雨漏りなんてドリフのコントのネタだと思ってましたが、起こったら、本当にバケツやらボウルやら抱えて走り回ることになるんですよね。下に何かあったら速攻で片付けないと濡れて大変なことになりますし。

しかし、この局地的大雨、どうにか有効利用できないものでしょうかねぇ。
もし「確実に降る!」と予報できるなら、逆にこの時期に映画やテレビドラマ、CMをまとめて撮ってしまうとか。

よくあるじゃないですか、
男女が向かいあって立ち、女が
「わたしっ、あなたがっ、好きなのっ!」
と言った瞬間に雨がドドーッ。
とか、
雨の中でひとりの刑事が拳銃で撃たれ、もうひとりが抱き起こす間に雨に濡れたシャツが真っ赤に染まっていくような場面。
今のシドニーの雨の降り方がまさにそんな感じなので、無理にセットを組んだり下手な細工をしなくても、そのまま役者とカメラが屋外に行くだけでじゅうぶん臨場感のあるシーンが撮れるだろうと思います。

過去の記事を見ると、毎年この時期には「雨が〜、雨が〜」と書いてますが、今年はそれに加えてクイーンズランドの洪水や隣国ニュージーランドの地震、チリの火山噴火なども起こってますので、南半球の自然災害の度合いもケタ違いなのではないかと密かに心配してます。

きむら「ね〜、これ、もしかしてアセンションの始まりじゃないのかなあ?(汗)」
相方 「この大雨はラニーニャの影響。アセンションとか映画の見過ぎ!(断言)」
これだけの悪天候を前に何なんでしょ、相方のこの落ち着きっぷり。
クモやトカゲ相手だと大騒ぎなのに(笑)


(蛇足)
これを書いた後、日没間近の時間にやっとチラリと太陽の姿が。
久々に見るからでしょうが、太陽ってあんなにキレイなんですね〜♪
ちょっと感動しました。

家に籠った湿気とバスケットいっぱいに溜まった洗濯物のためにも。
どうか明日は晴れてくださいっ、お願いっ!
[PR]

by kaoru_oishi | 2011-06-16 17:46 | その他もろもろ


<< いつの間にやらメル友(笑)      中庸 at Eurovisio... >>