2004年 09月 24日
第7章続きの続きアップしました
現代小説です。日本の若手ロックバンドがスコットランドでビデオ撮りをしています。今回、やっと演奏シーンが出てきました。今のところ、恋愛要素は希薄です。第一部の結末(第10章)に向けて、ようやくスピードが上がって来ているところです。
以上、トラックバック用の説明文でしたっ。

ええと、きむらです。
9月第2回目のアップです。
実は、あと数日で休暇に入るので、いろいろな手配で死にそうになってます。
それと、きむらはどうも休暇前や休暇の真っ最中に思いっきり体調を崩すタイプでして。今も、ディスプレイに向かって激しく咳き込んでたりします。
(一度なんて、休暇で日本に帰国するなりダウンして、点滴、という始末)
休暇を取らないほうが健康にはいいようなんですけど、
それじゃあ、あまりにも、ですよね。

ということで、第7章その3です。

Enjoy!

(蛇足)
今まで、いろいろな形でコメントをいただきましたが、それらによると、この小説はどうも「登場人物、多すぎっ!」だそうです。
そこで、もし、ビジュアルイメージが登場人物の把握に役立つようでしたら、是非、nico画伯のブログDigital Ink Spotsの方へお立ち寄り下さい。そこのThe Deliciousというカテゴリ内にThe Delicious Boy関連のイラスト群、及び投稿、書き込みがございます。
はっきり言って、この小説よりずっといいですよ〜♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-09-24 12:47 | その他もろもろ


<< 会いたかった      第7章(1) >>