2004年 09月 10日
制作記:二か国語でどう表現するか
さっきアップした第7章続きについて、ちょっくら補足説明をば。
これはですね、最初、二か国語(日/英)で書いてました。日本語の話者は日本語、英語の話者は英語、で、バイリンガルだけ両方、という具合に。きむらは英語はそんなに得意じゃないです。でも、英語の話者(ガイジンさんですな)の言葉を書いているときは、なぜか割にすんなり英語が出てきました。

しかし。
そうしたら、校正してくれている友人から「それじゃ、読者が読めないやんけ」と突っ込みが入りました。

で、きむら、今度は英語の言葉のあとに日本語で対訳をつけました。

そうしたら、また、友人から「これじゃ、がちゃがちゃしてて、読みにくいやんけ」と突っ込みが入りました。

それで、きむらは今度は英語の言葉のところを日本語に翻訳しました。

そして出来あがったのが、これです。
‥‥もろ、カチンコチンの翻訳日本語ですね。何だか自動翻訳にでもかけたような。

おかげさまで友人からは「まるで翻訳小説みたいだ」とお褒めの言葉をもらいました。
ちがうってばー。(泣)

(対訳は一応、保存してあるので、いつかアップするかもしれません。でも、笑っちゃうくらい初級の英語です)
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-09-10 15:57 | その他もろもろ


<< あれからもう1年経ちました      第7章続きアップしました >>